イオン銀行の即日融資も可能な銀行ローン

大手スーパーのイオンが運営するイオン銀行は、イオングループ各店に自社ATMを持ち、一部の大型商業施設では銀行ローンの有人での相談窓口も開設しています。

銀行業として認可されてわずか5年の若い銀行です。
そのイオン銀行では、カードローンBIGとイオンバリューカードVIPの二つの個人向けの銀行ローンを取り扱っています。

BIGは貸越極度額最大800万円で、借入年利は利用限度額に応じて3.8%から13.8%です。
一方のVIPは利用限度額300万円で、年利は7.8%から14.8%で設定されます。

どちらも限度額50万円までなら、専業主婦でも審査が可能です。
借入利率はBIGが若干低利で、しかも信用保証会社2社のどちらかの審査が通過すれば融資OKとなります。

また、VIPは専用のカードローン用カードが発行されるため、発行まで期間を要しますが、BIGはイオン銀行に既に預金口座をお持ちの方の場合、お手持ちのキャッシュカードがカードローン用カード兼用となるため、即日融資も出来てしまいます。

審査通過し契約が完了すれば、ただちにキャッシュカードでイオン銀行ATMからの借入金引き出しが可能です。

申し込みは、BIGではインターネットからが基本ですが、VIPは郵送でのやり取りになりますので、融資に至るまで、最低でも1.5往復分の郵送に日数を要します。

さらにBIGには、普通預金口座で公共料金の自動引き落としの際に残高不足が生じても、自動的に不足分が融資される自動融資機能が付加されます。

返済は残高スライド方式の定額リボルビング払いです。
また1000円からの随時返済ができますので、イオン銀行ATMからの返済なら手数料も掛からず、早期完済に向けた行動を損なうことはありません。

これに対してVIPの利点は一回払いと残高スライド方式の定額リボルビング払いが選べることで、1回払いでは翌月に借入金と一か月分の利息を払うだけで済みますので、給料やボーナス直前の不足分を補うだけとか、医療保険の返戻金の交付など実入りの予定がある方で、利息負担を抑えたい方向きの銀行ローンといえます。

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑