使い道自由なローンの日宝の不動産担保ローン

日宝は個人向け法人向けを問わず、不動産担保ローンや有価証券を担保にしたローンなどを中心とした、いわゆる街金融に属する貸金業者です。

創業33年というバブルとその崩壊を乗り切った数少ない街金融の一つで、東京都渋谷区に本社を構えています。

審査の実績も高く評価されているので、初めての方も安心して利用することが出来ます。

日宝が得意とするのは、不動産担保ローンで、使い道自由な不動産活用ローンと、銀行から信用保証枠を取りにくい個人事業主、自由業、SOHOなどの経営者向けの住宅ローンです。

また、最近では不動産を担保にした多数の消費者金融からの多重債務のある方向けのおまとめローンにも注力しています。

これらは本人の年収や職業、勤続年数などによらず、担保とする所有する不動産価値から借入限度額が決められるのが特徴です。

また、銀行のような不動産の抵当優先順位は問うという堅苦しい条件がありません。

それに、担保とする不動産の現況に関しても、借地権付きや家族名義、共有区分あり、調整区域内などなど、銀行からの融資であれば柔軟な担保査定と審査で対応しているのが特徴です。

無担保の消費者金融のキャッシングローンより低利なことは言うまでもありません。

融資限度額は最高5億円で、借入金利は年利4.0%から9.9%の間で設定されます。
申し込みは渋谷本社への来店か、営業マンの訪問で行われます。

その後専門スタッフにより、担保とする不動産の調査を査定を行い、融資額が決定します。

さらに、抵当権設定手続きが完了すれば融資開始です。
担保とする物件の場所や訳ありなしにもよりますが、これまでに最短で即日中に融資されたケースもありました。

そのほか、所有不動産を担保にするのではなく、有価証券や借地権、共有持分、底地等を担保とするのフリーローンも取り扱っています。

こちらも利用限度額は5億円までで、借入利率は担保を借入者の収入により、年利9.84%から18.0%の間です。

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑