jaの住宅ローンはサービスがいろいろあるので相談会を利用してみましょう

jaは農業協同組合、漁業協同組合、森林組合からの出資でつくられた銀行で、全国にあります。

このjaの提供する住宅ローンの特徴は、一戸建てやマンションなどの購入の他にも、新築や増改築などのリフォームにも利用できるということです。

またすでに他の銀行でローンを組んでいる方でも、jaに乗り変えることができます。

融資条件は、20才から66才未満の方、ローンの返済年齢が80才未満、前年度の税込み年収が200万円以上、勤続年数が3年以上です。

融資額も最小の10万円から最大5千万円以内まで利用することができます。

家のリフォームやシステムキッチン、増築、減築などをするのであれば、リフォームローンを利用するとよいでしょう。

住宅関連のリフォームならば利用することができるので、利用用途が広いのが特徴です。

但し利用できる資格要件があるので、担当者に相談をして利用できるかどうかを確認しておきましょう。

サイトでも仮申し込みができるので、申し込みをしようかどうしようかと悩んでいる方はネットで一度調べてみるのが無難です。

jaでは全国で住宅ローンの相談会も行っているので、こうした機会を利用して参加するのもよいでしょう。

マイホームなどを購入するときには、多額の費用がかかります。
ローンの返済途中で、加入者が死亡した場合、残された家族が借金を背負ってしまうというリスクについても考えなければなりません。

そこで、保険付きの住宅ローンを利用することを検討するとよいでしょう。

jaには、9大疾病補償付住宅ローンという商品があります。
この商品の正式名称は団体特定疾病債務補償保険というのですが、共栄火災海上保険株式会社が提供している保障サービスです。

団体信用生命共済と同時に加入することもできるので、現在30歳以上の成人男性の死亡原因は、二分の一の確率で9大疾病が要因になっています。

ガンや高血圧症、急性心筋梗塞などの9大疾病が原因で死亡したとしても、一定の要件に当てはまればローンの残りが全額返済される仕組みになっているので、これほど心強いことはないでしょう。

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑