オートローンにはどのようなものがあるのか

自動車を購入するとき、即金で購入できない場合、多くの方が利用するのがオートローンです。

銀行や信用金庫・組合、信販会社、保険会社、消費者金融それに中古車販売店やディーラーなど多くの業種がこれに参入しています。

位置づけとしては、用途限定の目的ローンに属するため、一般的には使い道自由のカードローンやキャッシングより低利で、住宅ローンよりは高利です。

完済までの期間の上限も各金融機関間で共通性はありません。

基本的に無担保で保証人不要ですが、購入する車の車両検査証に記載されている所有者の名義の扱いでは、ローンが完済するまでは貸し主である金融機関や車販売会社の名義となるものと、最初から購入者本人となる場合があり、業者によって異なります。

おおまかには、信販会社、消費者金融、販売店のローンでは貸し手名義で、銀行や信用金庫、保険会社の場合は本人名義となるものが多いです。

さらには完済時の名義変更において、その費用を貸し手が負担する業者と、借り手に負担させる業者がありますので、契約時には金利だけでなく、細かい契約書の中身の吟味も必要でしょう。

また借入金総額の内訳の条件も各金融機関で異なります。

車購入時の車両価格未満までが限度額のものもあれば、税金や保険、諸経費まで含めた総額未満までの限度額とするものがあるのです。

それぞれ各金融機関で最高限度額も設定しているのが一般的です。

さらには、車検費用、自動車のための各種納税や保険加入、事故などによる修理、高額なオートパーツの購入までもオートローンの範囲内としている金融機関も少なくありません。

借入形態でも、購入者自らが金融機関から直接借入交渉をして契約するものもあれば、ディーラーなど販売者側が金融機関を斡旋する場合もあります。

斡旋のほうが販売者側が販促のために推薦することもあり、審査が通りやすいというのが一般論です。

ただし販売業者が斡旋するのは複数社というのはとても稀で、ほとんどのケースが1社に限られます。

直接交渉の場合には、審査というプロセスはあるものの、できるだけ低利とか、完済期限が長いなど、自分にあった借入方法を選べるのが特徴です。

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑