会員規約のまとめ

会員規約の全ての項目に目を通す人はいないと思うので、大事な箇所だけ要点をまとめました。


  • 利用限度額

  • 各社が自信を持ってあなたを審査し、それに対して具体的に金銭という基準で表したもの。注意しておきたいのは、規約書内の「当社が相当と認めた場合」、その利用限度額は変動するということ。あなたが些細なこと(返済が1日遅れるなど)と感じていても、金融各社は相当と判断する可能性もあるので注意されたし。


  • 届出事項の変更

  • 貴方が申し込み時に届け出た住所や電話番号、勤務先に変更があった場合、すぐに届け出る必要がある。それがたとえ、小さな変更であっても電話一本で済むこともあるので怠らないこと。
    特に、勤務先を変えたときは決して届出を忘れてはいけない。金融各社は、貴方の収入源である勤務先を重視しているため、ここを怠れば「当社が相当と認めた場合」に含まれる恐れがある。そうすれば、カード利用一時停止や減額も余儀なくされる。


  • 期限の利益の喪失

  • 「期限の利益」とは、「利用者は返済期限まで返済しなくても良い」という当然の利益だが、返済期日に遅れてしまったり、契約内容に虚偽が見つかった場合など、即刻全額返済を要求される場合もある。これを「期限の利益の喪失」という。
    仮に1日遅れた場合でも、その瞬間からすぐに全額一括返済を求められる可能性もある。しかし、現実問題として、真っ当な貸し金業者ならそこまですることはない。

 

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑