返済方法の種類

現在、ローン各社とも「リボルビング方式」による返済方法が主流です。リボルビング方式とは、一定の利用限度額の範囲内で自由に反復借入ができ、別途定められる最少返済額以上を返済する方法です。

ATMによる入出金が主流になったことから、借り入れ・返済のたびに契約書を交わす必要も無く、そのシステムに合致した形態ともいえます。

その最少返済額の設定の仕方には、各社、若干の違いがあります。この最少返済額の内訳は「利息+元金」で構成されており、「約定返済額」と称される場合もあります。これはあくまでも最少額であり、これ以上の金額を返済することも可能です。

以下に、返済方法の詳細を挙げておきます。

  • 元利定額(リボルビング)
    「元金+利息」を毎月一定額になるように設定する方法。
  • 借入金額スライド(リボルビング)
    「元金+利息」を借入残高に応じて変動するように設定する方法。
  • 残高スライド元利定額
    「元金+利息」を毎月一定額になるように設定する方法。
  • 元金定率(リボルビング)
    「借入残高に応じた一定割合の元金+1か月分の利息」と設定する方法。
  • 元利均等残高スライド(リボルビング)
    「元金+利息」初回から最終返済時まで一定額に設定する方法。
  • 元金定額
    「毎月一定額の元金+1ヵ月分の利息」と設定する方法。

 

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑