転職で年収が大幅ダウンし、返済が困難に...。


お名前 オレンジ
性別 男性
年齢 35歳
家族 未婚
就業 正社員
勤続年数 0年
年収 350万円
住宅ローン
自動車ローン
住宅ローン:なし、自動車ローン:なし
ローン(上記以外) 借入件数:4件、借入金額:200万円、毎月の返済額:8万円
借金の原因 商品購入等

様々な事情から今年転職し、新たな職についたのですが、年収が530万から350万に大幅にダウンし、過去の商品購入等のローンやキャッシング・クレジット払いの返済が非常に厳しくなりました。

月によっては返済の為に借入をする事もある為なんとか軽減をしたいのですが、 年収が下がった事でますます融資を受けられない状況です。

また仕事の関係で英語の習得もしなければならないのですが、会社に費用の補助制度も無い為、困っております。
何か良い解決方法はございますでしょうか?

PR:

借入先の金融機関に相談することをお勧めします。

オレンジさん、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの鉢須祐子です。

返済について、借入先の金融機関に相談にのってもらう場を作ってもらうことをおすすめいたします。

オレンジさんの場合、転職による年収ダウンが返済費用を捻出するにあたってかなりの負担になっていらっしゃいます。この事情を話し、無理なく返済できるよう、返済計画の見直しができないか検討してほしいと話してみてはいかがでしょうか。

貸し出している側としては、全額返金してもらえることがベストな状態です。計画の見直しによってそれが可能であれば、前向きに検討してくれるでしょう。

ただ、あまり返済計画の見直しに協力的ではない会社も少なからず存在します。その場合は、弁護士や司法書士など法律の専門家を介して任意整理を検討してみてもいいのではないでしょうか。

返済金額に足りない部分は他から借り入れているとのことですが、これではいつまで経っても残債は減りません。むしろ利息の支払いがかさみ、返済総額がふくらんでいくばかりです。この状態が続くと、オレンジさん自身が自分のために使えるお金をいつまでたっても捻出できません。

たとえばご相談内容にも書かれている通り、仕事関係で英語力を身につけなければならない状況になった時、それがかなわずせっかく就いた仕事自体も諦めなければならなくなるかもしれません。それは非常にもったいないことです。

任意整理をすると5年ほど新規の借入はできなくなりますが、任意整理の手続きを取ることで返済の取り立てや追加利息の支払いがストップします。そして、現在の返済能力・家計状況に応じて返済計画を見直すことができるため、無理な返済環境から抜け出すことができます。

過払い金が発生している場合は、お金が戻ってくることもあります。オレンジさんが、借り入れたお金は自分で返そうと考えて誠実に向き合って対応していらっしゃることは伝わってきます。真面目な方ほど自力で全額返済しようという意志を強くお持ちなのですが、逆に使える法的手段はしっかり使って、一生懸命働いた収入を適したときに適した金額使える家計環境を整えることも視野にいれてみてはいかがでしょうか。

弁護士事務所などでは、初回相談が無料となっているところも多くありますので、まずは情報収集も兼ねて相談されることをおすすめいたします。

英語を学ぶ費用については、教育給付訓練制度を活用できる場合があります。一定の条件を満たしている雇用保険の一般被保険者や、現在は離職している元一般被保険者(離職者)がハローワークから教育訓練経費の一部を受給できるというものです。詳しい条件や対象となる講座については教育訓練を受ける機関やハローワーク等でご確認ください。

オレンジさんのお悩みが解決の方向に向かうことを、心よりお祈り申し上げます。

PR:

その他の借金債務相談Q&Aはこちら >>
無料相談を受けたい方はこちら>>

 

注目キーワード: 30代 : 任意整理 : 借入件数4件 : 借金101万円~200万円 : 債務整理 : 年収301万円~400万円 : 正社員 : 男性 : 過払い金請求

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑