ギャンブルが止められず、借金を繰り返してしまいます。


お名前 ゆう
性別 男性
年齢 27歳
家族 未婚
就業 自営業
勤続年数 5年
年収 300万円
住宅ローン
自動車ローン
住宅ローン:なし、自動車ローン:なし
ローン(上記以外) 借入件数:4件、借入金額:95万円、毎月の返済額:6万円
借金の原因 ギャンブル

毎月借金の返済が6万円くらいで、アパートを借りて住んでいるので生活費などで、給料からひかれると手元にあまりお金が残りません。

お金が残っていてもギャンブルや遊びで、お金が足りなくなり返済した借金から、また借りての繰り返しで借金額が減りません。

ギャンブルはやめて、毎月4社への借金を減らしたいんですが、どうすれば1つにまとめられますか?

PR:

借金癖を治し、ギャンブルに使うお金を返済に回す習慣を身に着けましょう。

ゆうさん、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの鉢須祐子です。

はじめに、少し厳しめのことを言わなければなりません。
毎月の返済を減らすために複数の借入先をひとつにまとめたとしても、ゆうさんの借金体質が変わらなければ、一時しのぎにしかならないでしょう。

将来的にまたいつか、同じことを繰り返してしまう可能性があります。そこでまずゆうさんに取り組んでいただきたいのは、手元にお金が残っている時に、ギャンブルや遊びに使うのではなく繰り上げ返済や貯金にまわすという習慣をしっかり身につけるということです。

「手元にあまりお金が残らない」という状況は、債務を抱えている方の中ではまだ猶予がある方だと思います。本来はそのお金で返済ができたり急な出費に備えて貯金できたりするはずです。繰り上げ返済ができれば、少しずつ毎月の返済額は減っていきます。まずはここから始めてみませんか?

ギャンブルが習慣化しているとなかなか辞められなくなる、という話を多く聞きます。特にご家族から相談が持ち込まれるケースも多く、色々と手を尽くしてみるものの最終的には借金生活に戻ってしまう人が多数いらっしゃるようです。

もし、ゆうさんがご自身で「ギャンブルを本当に辞めたい」と思うのなら、普段の行動ルートを完全に変えて、生活を1から見直すことが欠かせません。

そして、手元に残ったお金はすぐに返済または銀行口座に入れてしまうことです。銀行口座に入れる場合は、お金を引き出しにくくするために親族にキャッシュカードを預けたり、キャッシュカードを破棄してしまうという方法も良いでしょう。とにかく、ゆうさんの目の前から「残ったお金」を消して、ギャンブルに使わないようにすることが第一です。

しかし、そうなると、今度は消費者金融等から借りよう、という思考が働くことになるかもしれません。これはもう、ゆうさんご自身の意志の問題になります。

とにかく、「ギャンブルがしたい」という気持ちが働かないように、できるだけその原因を生活の中から取り除くことです。できれば臨床心理士などの専門家に診察してもらい、ギャンブル依存を解消していくことが好ましいです。

ギャンブルをするから借金がかさむということをゆうさんは自覚していらっしゃいますね。この気持ちを常に持ち続けられるように、私はあえて現在の返済額を減らす必要はないと考えます。

少しでも手元にお金が残るのであれば、むしろそのお金も返済額に上乗せして支払うことをおすすめします。そうすることで最終的な返済総額が減るだけでなく、ギャンブルを辞めたいという意志を実現化するためのきっかけになるかもしれないという望みがあるからです。

そして、手元にお金がないなら、それ以上の支出はしないこと。これを徹底してください。お金を借りられるATMは、あなたのお財布ではありません。いつかまた、多額の利息を上乗せしてそのお金を返さないといけない日が来るのです。一時的な欲望に負けずに、ギャンブルをしない生活習慣が定着すれば、きっと借金体質から抜けられると思います。

しばらくは苦しく、つらい時もあるかもしれませんが、ゆうさんのお悩みが少しでも解決の方向に向かうことを心よりお祈り申し上げます。

PR:

その他の借金債務相談Q&Aはこちら >>
無料相談を受けたい方はこちら>>

 

注目キーワード: 20代 : ギャンブル : 借入件数4件 : 借金100万円以下 : 年収201万円~300万円 : 男性 : 自営業

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑