借入7件ですが、おまとめローンできますか?


相談者 和世 さん
性別 女性
年齢 37歳
家族 未婚
就業 派遣社員
勤続年数 1年2ヶ月
年収 420万円
住宅ローン
自動車ローン
住宅ローン:- / 自動車ローン:-
ローン(上記以外) 借入件数:7件、借入金額:270万円、毎月の返済額:9万円
借金の原因 弁理士受験のための学費ローン、脱毛のため医療ローン、生活費

内田先生、はじめまして。
私は、和世と申します。

銀行によりおまとめローンを利用して、利子や手数料のあるローンのみ一括管理できれば考えています。

審査が通過しやすい、一番安い手数料等、総合的に考えてどの銀行が一番メリットがでるかアドバイスをいただけると助かります。

具体的には、借入件数7件うち4件(4件のうち3件はクレジットカードのリボ払い)について、 今回おまとめローンとして返済を考えています。残り3件は、手数料がないためです。

1)借入金合計
■4件の合計金額は、約222万
 ◇内訳:
・楽天カード:約70万円
・JCB社:約70万円
・高島屋カード社:約45万円
・アプラス:約37万円

2)クレジットカード会社への手数料(残金を全て支払うまでの手数料)
■手数料合計:854,245円
 ◇内訳:
・楽天カード:353,325円
・JCB社:345,000円
・高島屋カード社:67,000円
・アプラス:88,920円

3)就業状況
 これまでずっと正社員でしたが、この1.2年は、初めて派遣社員として働いています。 正社員の内定も同時頂きましたが、仕事内容で選択しました。
 弁理士試験は、1次、2次試験に合格し、残り最終試験のみですが、合格までは、2013年11月すくなくとも派遣社員で働きます。その後もすぐに転職活動するかどうかは決めていません。

なかなか人生思うようにいきませんが、浪費癖等だらしない点について、反省してやり直したいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

和世

PR:

おまとめローンや家計の見直しで返済を早く終わらせ、年収300万円で暮らしてみましょう

和世さん、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの内田ふみ子です。

弁理士試験の合格を目指し、受験勉強に励んでおられるご様子が伝わってきます。
 残念ながら、おまとめローンはどの銀行がいい、と具体的なアドバイスは致しかねますが、負担を軽くしたり、経済面の立て直し方を考えていきましょう。

 

年収や働き方など貸付の要件を確認して、おまとめローンを申し込む

 和世様の債務残高は270万円と、年収の半分以上です。うち借り換え希望分は222万円。

 

 一般的な派遣社員に比べて収入は多いので、正社員だったときも、それなりの給与を得ていらしたと考えられます。収入が多ければ、それだけお金も多く借りられるため、ボーナスや残業代が減ったとたん、高収入でも返せなくなる事例は少なくありません。

 

和世様の場合、派遣社員といっても一定の年収があり、延滞していなければ、借り換えは可能かもしれません。

ただ、派遣社員であることや勤続年数、年収などがどう審査結果に影響するか、どの金融機関ならより有利な条件かは、残念ながら各金融機関でなければわかりません。

借り換え分では、クレジットのリボ払いが3件とのこと。リボ払いは手数料が13~15%のことが多いので、それ以下で借り換えられれば、負担は減ります。

 各金融機関で明示している、年収の下限・正社員以外でも可能か・貸付金額や金利の上限などを参考に、おまとめローンを申し込む金融機関を絞ったり、ネットの簡易審査を試してみてはいかがでしょうか。

手持ち資金の活用や、家計の見直しで、負担を減らす方法もある

 もし、満額の借り換えができなかった場合でも、
 ①手持ち資金を活用して、金利の高いもの、あるいは残高の多いものの返済に充てる。
 ②家計を見直して、毎月の返済額を増やす。
といった方法で、元金を減らし、支払う利息(手数料)を少なくすることができます。

 リボ払いは、月5000円や1万円など最低の返済額では、なかなか元金が減りません。
 前職の退職金などがあれば、今後の生活に不安がない程度の金額を、返済のために取り崩すことも一案です。

 また、もう一歩踏み込んで支出を見直し、毎月の返済額を少し増やせれば、その分、早く返済が終わります。

 全額おまとめローンが利用できても、毎月の支払金額を今と変わらないようにすれば、やはり、返済から早く解放されるでしょう。

年収300万円に収まる生活を目指す

 今は苦しいかもしれませんが、返済が終われば、支払いに回っていた分は、貯蓄に代わります。

 和世様の場合、返済をしている期間に、年収300万円で無理なく暮らせるようになれば、これまでの浪費も取り返せるかもしれません。

 年齢的には、ちょうどお金の使い方が変わる時期です。
一般には、とくに健康に対する支出が増え、運動などに使う時間も増えます。

女性の場合、30代後半から40歳前後になると、これまで着ていたものが何となく似合わなくなって買い換えた――そういう声が聞こえるような時期です。

また弁理士のような専門的な資格は、取った後も研修費などがかかります。
資格は、取得してからどのように経験を積むかが大切です。ご自身のキャリアをどう作っていくか、じっくり考えてください。

働き方や職場を変わって、いろいろおありだったと思います。
これまでの浪費癖から脱してお金の使い方を改めるということは、日々の過ごし方を整えることに通じます。

10年先を考え、すべきことの優先順位を決めれば、お金の使い道も、おのずと定まります。それを毎月の予算立てに反映させてみてください。

おそらく、この数年間は和世様にとって、あとで振り返ったときに、大きな節目になるでしょう。これからを大切にお過ごしください。

PR:

その他の借金債務相談Q&Aはこちら >>
無料相談を受けたい方はこちら>>

 

注目キーワード: 30代 : クレジットカードリボ払い : ローン審査 : 借入件数6件以上 : 借金201万円~300万円 : 医療ローン : 女性 : 年収401万円~500万円 : 派遣社員

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑