離婚後、元妻のショッピングローンに悩まされてます。

相談者 しげ さん
性別 男性
年齢 37歳
家族 未婚
就業 正社員
勤続年数 6年
年収 374万円
住宅ローン /
自動車ローン
住宅ローン:- / 自動車ローン:280万円
ローン(上記以外) 借入件数:6件 / 借入金額:200万円 / 毎月の返済額:6万円
借金の原因 離婚、結婚中のカードショッピングなど

上記借入があり、車のローンは別として、多数のローン会社におまとめローンを申込みしたが、全て断られ、抱えている借入件数を少しでも減らすよう希望金額を入力するも駄目でした。

結婚中、給料以上の生活をされ、仕方なくカードショッピング、それを含むいろいろなことで、離婚しましたが、その離婚の際にお金が発生し、仕方なく他社から借入し現在、債務があります。

なんとか毎月の支払いを減らし返したいです。

PR:

元結婚相手に負担を求められないのであれば、債務整理も視野に入れて、借り入れ先や弁護士等に相談しましょう

しげさん、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの内田ふみ子です。

結婚相手の浪費に、ずいぶん悩まされ大変でしたね。
婚姻中の借金について離婚の際、相手に負担を求めることはできなかったのでしょうか。

毎月の生活が厳しければ、返済条件の変更なども考えなくてはならないでしょう。

婚姻期間中の借金は夫婦の共同責任となる

 しげさんの借金の一部は、結婚相手が収入以上のお金を使ったために、カードショッピングで生じたものです。もし、生活費であれば、夫婦が共同で返済する責任があります。

 離婚の際に、借金を含む財産について、どのように取りきめをされたのでしょうか?
 弁護士への相談や、家庭裁判所に調停の申し立てを行った結果、しげさんが負担することになったものでしょうか?

 もし、お二人の間で曖昧なまま離婚したのであれば、一度弁護士などに相談してみてはいかがでしょうか。その上で現状が変わらないのであれば、それを納得したうえで、借金の解決に取り組まれる方が、将来に向けて、気持ちがすっきり切り替えられるかもしれません。

返済条件の変更などを相談する

すでにおまとめローンの申し込みを試みて、断られていらっしゃいます。
 おまとめローンも各金融機関は審査を行います。自動車ローンを合わせると、年収を超える額になりますので、やはり現在の借金が多すぎるのでしょう。

 6件で月6万円いうことは、各社平均1万円。カードショッピングや、消費者金融のローンは比較的金利が高いものです。ほとんど最低支払い金額で払っているとすれば、元本はなかなか減らず、返済期間も長引きます。

 毎月の返済額を変えないまま、できるだけ早く完済するには、たとえばボーナスなどまとまった金額が入ったときに返済に回し、元本を少しでも減らすことです。

 それが難しいのであれば、各社に返済条件の変更を相談し、少しでも早く借金から脱出してはいかがでしょうか。

将来に向け、気持ちの切り替えができる方法を選択する

 返済条件の変更など任意整理の事実は、内容により最長5~10年、信用情報機関に登録されます。あらたにローンを組んだりするときに、審査が厳しくなる原因となる可能性があります。

 ご自身ではなく、結婚相手のせいでこのような立場に置かれることは、納得のいかないことでしょう。

 しかし、ほかに方法がなければ、少しでも早い解決を目指すことが、しげさんの将来にとってはよいのではないでしょうか。

 6社、と相手先が多いので、交渉が思うように進まなければ、日本クレジットカウンセリング協会や、弁護士等に依頼する方法もあります。

 早く落ち着いた生活に戻れるよう、借金の解決を目指してください。

PR:

その他の借金債務相談Q&Aはこちら >>
無料相談を受けたい方はこちら>>

 

注目キーワード: 30代 : ショッピングローン : 借入件数6件以上 : 借金101万円~200万円 : 債務整理 : 年収301万円~400万円 : 正社員 : 男性 : 離婚ローン

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑