自営業で借金まみれ、どうすればいい?

相談者 とも さん
性別 女性
年齢 47歳
家族 既婚・子供2人
就業 自営業
勤続年数 19年
年収 97万円
住宅ローン /
自動車ローン
住宅ローン:- / 自動車ローン:-
ローン(上記以外) 借入件数:10件 / 借入金額:200万円 / 毎月の返済額:0万円
借金の原因 生活費、インターネットサイト被害

夫からの、月の生活費は8万です。自営業をしており、早朝4時には店を開け、夕方5時まで。義父母も手伝っており、(現在義母のみ、義父は隠居)朝、昼はうちで食べて、食費は私持ち。義父母からの援助は一切無い。

子供も2人おり、稽古事一切させられない状況においても、義父母に相談するが、「夫に言え」と。夫に生活費のアップを願っても、「家計簿見せろ」といい、苦情を言って私の意見は却下。で19年きました。

夫や義母は、借金は薄々気づいています。しかし、お金の相談をしても今まで相談に乗ってくれたことの無い相手。(借金の金額は言ってません)むしろ、放置されてきました。
(義父母は月5万と、家賃の半分の2万を売り上げから持って行きます。年金もあります。近所でも有名なケチです。)

今年、家庭内盗難が相次ぎ、私も生活費を別にしていた財布ごと盗まれました。警察も介入できないことです。その時、家計簿を再び提出するよう言われ、子供手当ての行方も聞かれましたが、その聞き方が一対一で、出口を塞ぐように部屋に閉じ込め、家計簿の内容に、私が「忘れた」と言っても聞き入れない。尋問にあっている気持ちです。

そんな相手に、お金の相談はどうすればいいでしょうか。「実家があるから、金の相談は実家にしろ」と言われました。近所の親しい人には「両親に頼んで、解決しようか...」と言ったそうですが、私には一言も言ってくれません。現在弁護士に委任中ですが、サイト被害が片付かないと、破産するにも出来ないと。

 借金を、おまとめローンに組み替えても、現在の状況では払えません。でも、一時期おまとめローンに出来るなら、そうしたほうがいいのかなと思っています。少しでも借金相手を減らし、時間を稼ぐことで、サイト被害も先に進めるのかなと、思いますが。

現在支払いは、弁護士により止めてますが、完全に止まってないので、時々債権会社からDMが届きます。郵便にも、ひやひやする毎日です。
 
あれから借金も、250万ほどに膨れ上がったでしょうか。よろしくお願いします。
最近家計簿は、夫に見せたものは空欄にしています。
書ける精神ではないからと、聞かれたらそう言おうと。

PR:

借金はひとまず弁護士に任せ、子どもたちのために乗り切る努力をしましょう

ともさん、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの内田ふみ子です。

義父母や夫との関係が良好とはいえない状況の中、ひとりでお金の問題を解決するのは、大変なストレスだろうと察します。

借金だけではなく、家族関係を含めて解決を図ることが、ともさんにとって明るい将来につながるのではないでしょうか。

売上と生活費、義父母への負担の釣り合いを検討する

 4人家族の生活費が8万円とのことですが、内訳はどのようになっているでしょうか? 

住居費以外の光熱費からすべて賄っているとすれば、お子さんたちに稽古事をさせられないというのも無理はないでしょう。義父母の食費も負担と思われます。
ただ文面に、自営業の売り上げがいくらかは書かれておりません。売上高によっては、8万円でやっていかなければならない場合もあります。

ともさんの義父母への不満は、食費に加え、毎月7万円を売り上げから持っていくことです。義母は自営業を手伝っているとのことなので、給料がわりとも考えられます。もし7万円が働きに対して妥当であっても、ともさんには、余裕のある義父母が、何の配慮もしてくれないことに納得がいかない気持ちがあるのでしょう。

家族経営の自営業でも、一定の要件を満たしていれば、家族への給料は経費とすることができます。またともさんも毎日、事業を手伝っていれば、青色事業の専従者に対する給与として、受け取った給料が経費扱いになる可能性もあります。

事業経営という視点からは、義母にも売り上げから持っていくのではなく、働きに応じた金額を払う方が、合理的と思われます。
経費に計上できる給与なら、節税にもなり、義父母への7万円も適正な金額に修正できます。本来なら、税理士などに相談するのがよいと思われますが、ともさんが経理担当でもない限り、今は夫や義父母を納得させて変更するのは大変そうです。

また義父母の態度を変えるのは、これまでの経緯を拝見すると難しでしょう。
義父母に不満をぶつけるのではなく、ともさん自身が、何らかの行動を起こしていくことが、解決に繋がると思われます。

借金は弁護士に任せ、子どもたちのために今後を考える

サイト被害と債務については、すでに弁護士に依頼しているとのこと。
この状況では、おまとめローンなど借り換えは無理でしょう。

一部、督促が止まっていないようですが、サイト被害に関連した事業者からのものと思われます。インターネットを悪用したケースでは、解決まで時間がかかることが少なくありません。

ただ弁護士も自己破産の方向で考えているようなので、借金については弁護士に任せてよいのではないでしょうか?

そうはいっても、生活費が8万円では暮らしていけないのであれば、お金の問題は続きます。

夫に家計簿を見せなくなった原因は何でしょうか?
想像ですが、はじめに8万円でわずかに足りなくなり、夫に言えずに借金をし、最初は少額であったものの、それを知られたくなくて隠し、さらに借金を重ねてしまって、ついに家計簿を見せられなくなった、という悪循環ではないでしょうか。

必要な生活費のための借金であれば、夫にも責任はあります。
ともさんは、もしかしたら、感情を先にぶつけてしまい、そのため、夫が態度を硬くせざるを得なかったのかもしれません。

経営者やビジネスマンで数字を扱いなれている男性は、赤字でも家計簿を見せて、数字で説明すれば、理解が早いという傾向があります。

家計簿を付けて、8万円ではやりくりが難しいことを夫に説明したり、4人でいくらなら生活できるか、夫に納得してもらうために計算する、という努力をしてみてください。

このままでは、いちばん影響を受けるのがお子さんたちです。
お子さんが2人いれば、成長にしたがって、生活費や教育費が増えていくものです。

お子さんたちのために、夫に借金のことをすべて話し、夫婦で乗り切ることはできないでしょうか?

ただ義父母が借金を肩代わりすることは、もし距離を置きたいと思っているなら断り、自己破産を受け入れて、夫婦でやり直した方がよいのではないかと思います。

相談窓口を利用して、気持ちを整理する

 夫と話し合うといっても、今のともさんは、精神的にも大変弱っているように感じます。
 心に元気がないと、話し合いも家計もうまくいかないものです。

 自治体の男女共同参画センターの女性相談や、家族関係の悩みを相談できる窓口を利用されてはいかがでしょうか。

 このような相談窓口には、カウンセリングの研修を受けた相談員や、専門職が配されていることが多いものです。

 ともさんの本当の気持ちを聴いてもらい、心を軽くしてください。

 お金の失敗や躓きは誰にでも起きる可能性はありますが、やり直しもできます。
 心身の健康に気を付けて、解決を図ってください。

PR:

その他の借金債務相談Q&Aはこちら >>
無料相談を受けたい方はこちら>>

 

注目キーワード: 40代 : 借入件数6件以上 : 借金101万円~200万円 : 債務整理 : 女性 : 家計管理 : 年収100万円以下 : 自営業

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑