債務整理したことが職場にばれますか?

焦ってます。長文乱文失礼します。
カードローンがたまり、借金が500万ほどあったため、どうにもこうにも払いきれず、先日民事再生の手続きを行いました。

弁護士の方とカード会社とのやりとりになりますので、2〜3ヶ月ほどお時間がかかりますと案内され、現在は弁護士の方にお支払いする費用をコツコツためて心機一転節約につとめています。

しかしふと先日、会社の本部の方が、お店の書類を調査しにくると、連絡が入り、珍しいなと思っていたら、もしかして、私の債務整理が発覚してしまったのかな...と言う気がしてきました。

というのも、借金したカードの中に会社で作ったカードがあり、しかも、債務整理する直前に職場でカードを使ってしまっているのです。(職場は家電量販店です)

もしかして、私が不正していないかを見に来るのかと不安です。もちろん不正はしていないのですが、正規の値段より安く買っているし、まわりの同僚にも債務整理がばれてしまわないかと怖くてしかたありません。

やはり、債務整理をすると職場にばれるのは仕方がないのでしょうか...?最悪の場合解雇処分というのもありえるのでしょうか?

(Yahoo!知恵袋より)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10132949825

PR:

債務整理そのもので解雇されることはありません。弁護士に相談しながら手続きを進め、二度と借金で困ることがないよう生活を見直しましょう。

はじめまして。ファイナンシャルプランナーの内田ふみ子です。

債務整理が会社に知られないか、知られて解雇されることはないか、大変心配されていらっしゃいます。

手続きの過程で勤務先の協力が必要な場合もありますが、債務整理したことで解雇されることはないでしょう。すでに弁護士に依頼していらっしゃいますので、よく相談してみましょう。

民事再生では、就労が制限される職業はない

 質問者さんは債務整理を理由に解雇されるのではないか、と心配されています。
 自己破産の場合は破産を申し立てると、免責決定までの間は、弁護士や生命保険募集人、警備員など一定の職業は就労が制限されます。しかし民事再生や任意整理では、そのような職業の制限はなく、債務整理をしただけで解雇されることはありません。

 債務整理をする人が解雇される可能性があるとすれば、借金を返すために会社のお金を使いこんでしまったり、同僚のお金を盗んだり、といった犯罪に当たるケースです。

 質問者さんが、そうした不正をせず、就労規則を守って仕事をされていらしたのであれば、解雇を心配することはないでしょう。

クレジットカード会社から勤務先に伝えられることはない

 民事再生でも自己破産でも、その事実が裁判所などから勤務先に通知されるようなことはありませんが、官報には掲載されます。官報を一般の企業や個人が見る可能性は低いと思われるので、官報から債務整理を知られるということは考えにくいでしょう。ただ、図書館などでだれでも見ることができ、検索できるサイトなどもあるので、100%大丈夫とは断言できません。

 また会社からお金を借りていれば、会社も債権者になりますので伏せておくことはできません。

 質問者さんが会社で作ったクレジットカードについては、カード会社と勤務先の家電量販店との提携カードと思われます。

 その場合、クレジットカードの借金は、カード会社に対するもので、カード会社から勤務先に債務整理の情報が伝えられることはありません。また勤務先の店舗で購入しても、代金はカード会社が立て替えていますので、店舗から質問者さんに請求があるわけではありません。一度、カードの規約を読み返してみましょう。

手続き上、勤務先に協力を求めることもある

 民事再生の手続きでは、質問者さんの収入や資産の状況を明らかにする必要があります。給与や、仮に自己都合で退職したときの退職金の額などに関する書類も必要です。
 給与明細や源泉徴収票、退職金規定など、質問者さんの側で書類が揃わなければ、勤務先に協力を求めることもあります。

 すでに質問者さんは、弁護士に依頼していますので、どうしても必要なときは、会社との交渉も弁護士にお願いできるものと思われます。

 質問者さんが不当な扱いを受けることのないよう、弁護士とよく相談されることをお勧めします。

 民事再生の手続きが終わったあとは、金融機関から当分お金を借りることは困難でしょう。今のうちに、収入の範囲で生活する習慣を身につけましょう。

PR:

その他の借金債務相談Q&Aはこちら >>
無料相談を受けたい方はこちら>>

 

注目キーワード: 債務整理 : 民事再生

なぜ、おまとめローンの審査に通らない? / おまとめローンのデメリットとは?


ページトップ↑